電気代を楽天ポイントで支払い!楽天でんきの特徴やメリット・デメリット

電気代を楽天ポイントで支払い!楽天でんきの特徴やメリット・デメリット 楽天経済圏

2016年4月の電力小売全面自由化により、大手電力会社だけでなく新規参入してきた新電力会社を含めて自由に供給会社を選択できるようなりました。

新電力会社登場により電気代の安いだけでなく基本料金0円や様々な特典やサービスを付加するなど様々プランが提供されるようになり、「どの電力供給会社や料金プランにすればいいか?」と電力会社の切り替えに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

私も電力会社を選ぶときにどの電力会社のプランにするのが良いか悩みましたが、「楽天でんき」にすることにしました。

楽天でんきの特徴

楽天でんきは楽天グループが運営する電力サービスで2018年11月1日に提供が開始されました。

楽天でんきの大きな特徴は、基本料金が0円の料金プランや楽天ポイントを貯めたり支払い充てることができることです。

電力供給エリアは全国対応でWebから簡単に手続きができます。

料金プラン

料金プランは個人・ご家庭向けの「プランS」、事業者向けの「プランM」、大型エアコン・業務用冷蔵庫などの動力を使用する方向けの「動力プラン」があります。

「プランS」と「プランM」は基本料金0円で電気使用量に応じた従量料金が電気料金となります。また、従量料金は大手電力会社などでよくある使用量に応じて段階的に単価が上がる方式ではなく一律単価となっています。

基本料金0円で電気使用量に一律単価を掛けるだけのシンプルで分かりやすい料金体系です。個人・ご家庭向けの「プランS」は次のようになってます。

基本料金 従量料金(税込)
北海道電力エリア 0円 30.00円/kWh
東北電力エリア 26.50円/kWh
東京電力エリア 26.50円/kWh
中部電力エリア 26.50円/kWh
北陸電力エリア 22.00円/kWh
関西電力エリア 22.50円/kWh
中国電力エリア 24.50円/kWh
四国電力エリア 24.50円/kWh
九州電力エリア 23.50円/kWh
沖縄電力エリア 27.00円/kWh

電力供給エリア

電力供給エリアは全国対応となっていますが離島や一部エリア除いて対応外があります。また、対応エリア内であっても利用できないことがあります。

北海道エリア

北海道全域

東北エリア

青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県

関東エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県(富士川以東)

中部エリア

愛知県、岐阜県(一部除く)、三重県(一部除く)、長野県、静岡県(富士川以西)

北陸エリア

富山県、石川県、福井県(一部除く)、岐阜県の一部

関西エリア

大阪府、京都府、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部

中国エリア

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、兵庫県のうち赤穂市福浦、香川県のうち小豆郡、香川郡、愛媛県のうち越智郡、今治市の一部(吉海町、宮窪町、伯方町、上浦町、大三島町、関前)

四国エリア

徳島県、高知県、香川県(一部除く)、愛媛県(一部除く)

九州エリア

福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県

沖縄エリア

沖縄県(粟国島、渡名喜島、久米島、奥武島、オーハ島、北大東島、南大東島、宮古島、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島、多良間島、水納島、石垣島、竹富島、西表島、鳩間島、由布島、小浜島、黒島、新城島[下地]、波照間島、与那国島は除く)

楽天ポイントが貯まる・使える

楽天ポイントが貯まる

楽天でんきは電気料金200円につき1ポイントを貯めることができます。さらに楽天カードで支払えば、100円につき1ポイント貯めることができます。さらに今なら申し込みでエントリー不要で2,000ポイントもらえます。

電気代の支払いに楽天ポイントを使える

貯めた楽天ポイントは1ポイント1円で電気代に充てることができます。通常ポイントだけでなく期間限定ポイントも使えます。

楽天ポイントは1回の支払いで50ポイント~30,000ポイント利用可能です。楽天ポイントで支払った場合でも電気料金200円につき1ポイントが付与されます。

楽天でんきはSPUの対象

楽天でんきの利用期間中は楽天市場でのお買い物でポイント+0.5倍となります。

楽天でんきのメリット・デメリット

楽天でんきのメリット

楽天ユーザー

楽天市場や楽天カードなど楽天サービスを利用する方にはおすすめです。

楽天でんきの利用でポイントが貯まりだけでなく楽天市場のSPU対象で+0.5倍や楽天ポイントを支払いに充てることができる点も大きな魅力です。

特に有効期間が短い期間限定ポイントも支払いに充てることができるので、期間限定ポイントの使い道に困った経験がある方は楽天でんきの支払いに楽天ポイントを使ってみてはいかがでしょうか。

楽天でんきのデメリット

楽天ユーザーでない人

楽天ポイントを一切貯めたり使ったりしない方には向いていません。同じような料金体系の「あしたでんき」や「Looopでんき」のほうが一律単価の料金が安くそちらを検討したほうがいいです。

オール電化プランがない

楽天でんきにはオール電化プランがないため、申し込みは可能ですが現在の契約より電気料金が割高なってしまう可能性が高くなるためおすすめできません。

電気の使用量が少ないと割高になる

電気の使用量が少ない一人暮らしなどの人は対象エリアによって現在高くなることもあります。事前に現在の契約と楽天でんきを比較することをおすすめします。

20アンペア以下だと契約できない

楽天でんきは30アンペア以上のプランしかなく、20アンペア以下の契約の方は申し込みできません。楽天でんきを利用する場合は現在の契約を30アンペアに変更した後、申し込みする必要があります。

楽天でんきの申し込みから切り替え

楽天でんきの申し込みから切り替えまでの流れは以下のようになります。

  • 楽天でんき申し込み
  • 現在利用中の電力会社との契約解約手続き
  • スマートメーター設置
  • 利用開始

楽天でんき申し込み

楽天でんきの申し込みの際に以下を事前に準備しておくと申し込みがスムーズにできます。

  • 楽天会員の登録
  • クレジットカード情報
  • 検針票や電気の契約内容

申し込む際、楽天会員である必要があるため楽天会員でない方は事前に登録しておきましょう。また楽天会員の登録情報にクレジットカード情報を登録しておくと申し込み時にクレジットカード情報を入力する手間を省けます。

楽天でんきの申し込みはWebから行うことができます。お客様番号と供給地点番号を入力する必要があるので検針票または電気の契約内容がわかるもの準備しておくと登録がスムーズです。

現在利用中の電力会社との契約解約手続き

現在利用中の電力会社との契約解約手続きは楽天でんきが行うので特に作業は発生しません。

スマートメーター設置

スマートメーターを設置されていない場合、スマートメーターの設置作業が行われます。設置費は無料で立会いは原則不要です。

既に設置されている場合はスマートメーターの設置作業は不要となります。

利用開始

申し込みから利用開始までは2週間から長くて1ヶ月半ほどかかります。

実際に私が楽天でんきへ切り替えを行ったときは申し込みから利用開始まで2週間ほどでした。既にスマートメーターが設置されていたため申し込みから利用開始までとても早かったです。

まとめ

電力小売全面自由化により、大手電力会社以外に様々な料金プランやサービスを展開する新電力会社が登場しました。大手電力会社を利用している方の多くは、楽天でんきなどの新電力会社に乗り換えることで電気代を節約することできます。

私は実際に大手電力会社から楽天でんきに切り替えて、電気代が安くなっただけでなく楽天ポイントを貯めたり使えたりするようになり楽天でんきを選択して正解でした。

毎月の支払いに一定の楽天ポイントを充てているので電気使用量が少ない月は電気代の支払いが0円の時もあります。
楽天ユーザーの方には大変おすすめなので、電力会社の切り替えを考える際は楽天でんきも含めて検討してみてはいかがでしょうか。