楽天ポイントを貯めて使える!楽天証券の特徴を徹底解説

楽天ポイントを貯めて使える!楽天証券の特徴を徹底解説 楽天経済圏

楽天証券は以前から人気の高いネット証券です。

口座数はネット証券の中でSBI証券に次ぐ第2位で、ここ最近はさらに口座開設数が急増しておりSBI証券にせまる勢いです。

SBI証券とともに人気の高い楽天証券ですが、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は楽天証券の特徴について紹介します。

楽天証券の特徴

証券会社には店舗を持つ総合証券と店舗を持たないネット証券に大きく分けられます。

ネット証券は取引手数料が安く、いつでも手軽に取引ができるといった特徴があります。

楽天証券も上記の特徴を持ちつつ、楽天ポイントが貯まる・使えるや他の楽天サービスとの連携などの特徴もあります。

楽天証券の特徴
  • 取引手数料が安い
  • 楽天ポイントが貯まる使える
  • 他の楽天サービスとの連携

楽天証券のそれぞれの特徴について紹介していきます。

取引手数料が安い

まず、1つ目の特徴として取引手数料が安く、ネット証券の中でもトップ水準であるといえます。

2019年12月ごろには国内株式手数料をはじめとして様々な取扱商品の手数料無料の範囲を広げたりなどより使いやすくなっています。

国内株取引手数料

国内株取引手数料には、「超割コース」と「いちにち定額コース」の2種類あります。

超割コース

「超割コース」は売買回数が少ない方向けのコースで、1回の取引金額で取引手数料が決まります。

・現物取引手数料

取引金額 手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで 535円(税込)
150万円まで 640円(税込)
3,000万円まで 1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

・信用取引手数料

取引金額 手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

いちにち定額コース

「いちにち定額コース」は1日に何回も売買する方向けで、現物取引と信用取引を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決まります。2019年12月20日約定分までは1日の取引金額合計が10万円までは手数料が0円でしたが、2019年12月23日約定分以降、1日の取引金額合計が50万円まで手数料が0円と無料の範囲が広がりました。

1日の取引金額合計 手数料
100万円まで 943円(税込)
200万円まで 2,200円(税込)
50万円まで 198円(税込)
300万円まで
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)を追加。
3,300円(税込)

また、1日に何回も売買する方向けにデイトレード割引(日計り取引片道手数料無料)があります。

デイトレード割引は「いちにち定額コース」を選択した場合、1日で取引を手仕舞うデイトレード(日計り取引)をした時に返済手数料が無料となる割引プランです。

いちにち定額コースを選択すると自動的に適用され、デイトレードの取引コストを下げることができます。

投資信託の買付手数料が無料

楽天証券の投資信託の買付手数料はすべて無料の「ノーロード投信」です。

2019年12月16日付受付分より無料になったので、今までよりも購入しやすく初心者の方でも手を出しやすくなりました。

国内ETF・米国ETFの取引手数料無料銘柄の増加

国内ETF(現物取引)は、取引手数料無料の銘柄が新たに15銘柄追加され業界最多の101銘柄になりました。

また、米国ETFは9銘柄の買付手数料が無料となったため、手数料の負担が減り取引しやすい環境となりました。

ポイント投資ができる

ポイントを使ったポイント投資

楽天証券では楽天ポイントを使った「ポイント投資」ができます。

「ポイント投資」は投資信託と国内株式(現物)の2種類で利用可能です。

ポイント投資は「ポイントのみでの購入」と「ポイントと現金を組み合わせて購入」のどちらも可能です。
ポイントは1ポイントから利用可能です。

注意点としては「ポイント投資」に利用できるポイントは通常ポイントのみとなり期間限定ポイントは利用できません。

ポイント投資(投資信託)でSPU+1倍

「楽天スーパーポイントコースの設定」と「500円分以上のポイント投資(投資信託)」で楽天市場でのお買い物金額がポイント+1倍になります。

5月に500円のポイントを利用して投資信託を購入した場合、5月の楽天市場でのお買い物金額の1倍分(1%分)がプラスされてポイントが付与されます。SPU対象となるのは当月分のみとなるので、6月になり再度500円以上のポイント投資(投信信託)しないと6月はSPU対象外となります。

楽天スーパーポイントコースの設定

SPU対象の1つ目の条件はポイントコースの設定を「楽天スーパーポイントコース」にすることです。

楽天証券のポイントコースには「楽天スーパーポイントコース」と「楽天証券ポイントコース」の2種類があります。

「楽天スーパーポイントコース」は楽天グループで利用可能な楽天ポイントとしてポイントが貯まり、「楽天証券ポイントコース」は楽天証券で貯めたポイントを「JMBマイル」に交換することができます。

現在のポイントコースの設定は、楽天証券にログイン後、右上の「設定・変更」-「ポイント」-「ポイント」の順に選択して「ポイント設定・SPU」から確認ができます。ポイントコース設定の現在のコースが「楽天スーパーポイントコース」であればそのままで問題ありません。「楽天証券ポイントコース」なら「楽天スーパーポイントコース」に変更します。
楽天証券 ポイント投資設定

月末時点で「楽天証券ポイントコース」に設定変更した場合、SPU対象外となるので注意が必要です。

500円以上のポイント投資(投資信託)

SPU対象の2つ目の条件は500円以上のポイント投資(投資信託)です。

SPUの条件となる当月1回500円の買い方は最低1ポイント含まれていればOKです。全部ポイントでも、ポイントと現金を組み合わせて注文することも可能です。

SPU対象

  • 1回で1ポイントと499円利用で合計500円分のポイント投資(投資信託)をした場合
  • 1回で500ポイント利用でポイント投資(投資信託)をした場合

SPU対象外

  • 国内株式へのポイント投資をした場合
  • ポイントを利用しないで購入した場合
  • 複数回に分けて500円以上のポイント投資(投資信託)をした場合
    毎日積立で1回100円ずつポイント投資(投資信託)をした場合など

SPU達成状況は、「ポイント設定・SPU」のページから確認ができます。
楽天証券 SPU達成状況

投資でポイントが貯まる

楽天カードクレジット決済でポイントが貯まる

楽天カードクレジット決済の投信積立で楽天ポイントを貯めることができます。

楽天カードクレジット決済では毎月50,000円まで投信積立が可能で決済額に応じて楽天カードより楽天ポイントが付与(100円につき1ポイント)されます。

楽天カードクレジット決済(投信積立)の注意点
  • 対象口座は特定口座/一般口座/一般NISA/つみたてNISAとなり、楽ラップ/iDeCo/未成年口座/ジュニアNISA口座/法人口座は対象外となります。
  • 楽天カードクレジット決済は楽天カード限定のサービスです。また、楽天証券口座と楽天カードの名義が同一でないと利用できません。

取引手数料や投資信託残高に応じてポイントが貯まる

マネーブリッジとハッピープログラムを組み合わせることで株式などの取引手数料や投資信託の残高に応じてポイントを貯めることができます。

対象商品 獲得ポイント 取引件数
国内株式(現物買・現物売) 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算
国内株式(信用新規、返済) 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算
外国株式 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算
投資信託 残高10万円ごとに4ポイント
個人向け国債 買付金額3万円ごとに1ポイント 買付金額100万円ごとに1件に換算
日経225先物取引(ラージ) 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算
日経225先物取引(ミニ) 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算
日経225オプション 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算

自動入金(スイープ)やらくらく入金でポイントが貯まる

楽天証券に自動入金(スイープ)やらくらく入金をすることでポイントを貯めることができます。
こちらもマネーブリッジとハッピープログラムを組み合わせる必要があります。

毎月、ポイント投資(投資信託)の積立設定で1円+499ポイントの500円投資をするとSPU対象かつ自動入金(スイープ)でのポイント獲得ができるのでおすすめです。

マネーブリッジによる楽天銀行との連携

楽天証券口座と楽天銀行口座を連携(マネーブリッジ)させることで、優遇金利や自動入出金(スイープ)など多くのメリットが生まれます。

また、楽天銀行のハッピープログラムも利用することで取引手数料や投資信託残高、自動入金(スイープ)などに応じてポイントを獲得できます。

また、投資をしない方でも証券口座だけ持っておき、マネーブリッジで優遇金利にするといった活用方法もあります。

まとめ

楽天証券は株式の取引手数料、楽天カードでの投資信託購入や投資信託残高に応じてポイントが貯めたりできる点や楽天ポイントを使って投資ができる点が最大の強みだと思います。

楽天銀行や楽天カードなどと同じくらい楽天証券は楽天経済圏の中でおすすめのサービスです。

口座開設や口座維持の手数料はタダなので、まだ口座をお持ちでない方は開設してみてはいかがでしょうか。